RCCにおける企業再生 - 整理回収機構

整理回収機構 RCCにおける企業再生

Add: ikaja18 - Date: 2020-12-14 21:03:55 - Views: 5505 - Clicks: 6962

朝日新聞掲載「キーワード」 - 整理回収機構(rcc)の用語解説 - 政府系の預金保険機構の全額出資子会社。旧住宅金融専門会社(住専)などの債権回収を目的に設立された前身会社を引き継ぎ、99年に発足した。. 特定調停は,裁判所において行われる民事調停手続の一種です。したがって,裁判手続ということになります。 ただし,通常の民事調停ではなく,その特例手続と位置付けられています。具体的には,民事調停の特例として,「特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律(特定調停法)」に定められています。 具体的にいうと,特定調停とは,支払不能に陥るおそれのある債務者等について,債務者が負っている金銭債務に係る利害関係の調整を促進することを目的とする民事調停の特例として設けられた手続のことをいいます。 特定調停は裁判手続です。したがって,厳密にいえば法的整理に属するものであり,私的整理とはいえないかもしれません。 もっとも,特定調停は,訴訟と異なり,当事者間での話し合いを基本とする手続です。したがって,私的整理に類似する性質を持っています。 また,特定調停はこれまで個人が多く利用していましたが,だからといって,法人も利用できないわけではありません。法人の利用も可能とされています(特定調停法2条1項)。 そこで,金融円滑化法の終了に伴い,その対応策として,日本弁護士連合会(日弁連)は,平成25年3月に,特定調停を利用して中小企業(特に小規模事業者)が私的整理を行うための「金融円滑化法終了への対応策としての特定調停スキーム利用の手引き」を公表しました。 この特定調停スキームは平成26年に改訂され,さらに,経営者保証に関するガイドラインが公表されたことを受け,「経営者保証に関するガイドラインに基づく保証債務整理の手法としての特定調停スキーム利用の手引き」も公表されています。 現在,この特定調停を利用した私的整理スキームが注目されており,今後は,準則型私的整理の利用が進んでいく可能性があります。 特に,事業再生ADR,中小企業再生支援協議会の再生支援事業,中小企業再生支援協議会の再生支援事業は,小規模事業者には利用が難しい面が多いことから,中小企業・小規模事業者の私的整理のスタンダードになる可能性も含んでいるといえるでしょう。 >> 金融円滑化法終了への対応策としての「特定調停スキームの利用の手引き」策定・改訂について. 広島の放送局「rcc」のwebサイト。テレビ・ラジオ・ニュース・天気・スポーツ・アナウンサー・イベント・ブログなど情報. (1) 債務者からRCCに再生計画の提出があった場合は、様々な見地から再生計画の妥当性を検証し、必要に応じて債務者と調整する。更に、判断の客観性を担保するため、調整後の再生計画を「企業再生検討委員会」に付議し、同委員会の意見を踏まえて、必要な修正を行う。 (2) 債務者から、第2回債権者集会に先立ち、対象債権者(再生計画の成立時に、権利の変更が予定される債権者で、主要債権者を含む。)に(1)の手続に従って調整・修正した再生計画案を提示し、理解を得るために必要な説明を行う。必要に応じ、RCCからも債権者に対し、理解を得るための説明を行う。 (3) 第2回債権者集会では、再生計画案に対する質疑応答を行い、必要な意見調整を行う。 (4) 第2回債権者集会では、対象債権者が再生計画案に対し書面により同意不同意を表明する期限を定める。 (5) 対象債権者全員が同意を表明した場合は、再生計画は成立し、債務者は再生計画を実行する義務を負い、対象債権者の権利は再生計画の定めにしたがって変更される。 (6) 必要がある場合は、対象債権者の同意を得て、別に期日を定めて、第2回債権者集会を続行する。 (7) (4)又は(6)により定めた期日までに対象債権者全員の合意が得られない場合は、RCC企業再生スキーム又はに基づく私的再生手続は終了する。 (8) 債務者は、再生計画成立後、再生計画の定めにしたがって、その成立後に定期的に開催される債権者集会などにおいて、再生計画の実行状況等を対象債権者に報告しなければならない。 RCCが主要債権者となる場合の債務者については、RCCを中心に、企業再生計画のモニタリングを行う。また、RCCが調整を委託された場合の債務者については、主要債権者である金融債権者を中心に企業再生計画のモニタリングを行うが、RCCは、債務者及び他の金融債権者から依頼があった場合、それらの者との契約に基づき、契約の範囲内において、企業再生計画のモニタリングを担う。 なお、これらのモニタリングの結果を受け、債務者が弁済を履行できないなど再生計画に定められた事項を履行できない場合には、主要債権者であるRCC又は主要債権者である金融債権者を中心に、対象債権者及び債務者は、再生計画の見直し又は法的再生等の申立について、協議を行い、適切な措置を講じるものとする。. (1)RCCが主要債権者の場合(RCC企業再生スキーム) 「企業再生検討委員会」において企業再生計画作成の着手が可と判定された場合は、債務者及びRCCは、他の主要債権者の意向を確認した上で、速やかに第1回債権者集会を開催する。 第1回債権者集会においては、債務者及びRCCより、債務者の事業及び財務の状況並びに再生の可能性を説明し一時停止の合意を得るとともに、再生計画の合意に向けて債権者間調整を進めることの合意を得る。 この場合の一時停止措置の内容は、債務者が当初の約定通りの弁済を行なっているケースは少ないため、「与信残高」の維持までは要請しないが、他の債権者との関係における債務者に対する相対的な地位の改善を行わないこと、追加担保の提供は受けないこと、担保権の実行や強制執行等は差し控えること等である。 第1回債権者集会は、一堂に会してあるいは持ち回りで行う。 一時停止の期間は、再生計画の合意が得られるまで、あるいは、再生計画の合意が得られる見通しがなくなったことを債務者及びRCCが他の債権者に通知をするまでの期間である。 (2) RCCが主要債権者の一人である金融機関から金融債権者間の合意形成のための調整を委託された場合(RCC企業再生スキーム) 「企業再生検討委員会」において企業再生計画作成の着手が可と判定された場合は、委託債権者、債務者及びRCCは、他の主要債権者の意向を確認した上で、速やかに第1回債権者集会を開催する。 第1回債権者集会においては、債務者及びRCCより、債務者の事業及び財務の状況並びに再生の可能性を説明し一時停止の合意を得るとともに、再生計画の合意に向けて債権者間調整を進めることの合意を得る。 この場合の一時停止措置の内容は、「与信残高」の維持、他の債権者との関係における債務者に対する相対的な地位の改善を行わないこと、追加担保の提供は受けないこと、担保権の実行や強制執行等は差し控えること等である。 第1回債権者集会は、一堂に会してあるいは持ち回りで行う。 一時停止の期間は、再生計画の合意が得られるまで、あるいは、再生計画の合意が得られる見通しがなくなったことを債務者及びRCCが他の債権者に通知をするまでの期間である。.

rccにおける企業再生 - 整理回収機構 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. RCCにおける企業再生 Format: Book Responsibility: 整理回収機構編 Language: Japanese Published: 東京 : 金融財政事情研究会 東京 : きんざい (発売),. トラック運転手の男(56)を逮捕 広島・大竹市のひき逃げ事件 /12/16 15:29:36; 河井元法相の裁判期日が取り消し 弁護団の1人が新型コロナ「陽性」.

整理回収機構による企業再生スキーム 4. (1) RCCが主要債権者の一人である金融機関から金融債権者間の合意形成のための調整を委託された場合には、RCCは、対象債権者が希望する場合には再生計画合意後に入札による債権売却を可能とするため、投資家を募集して、RCCに金銭信託以外の金銭の信託(本信託契約により設定された資金を「RCC信託ファンド」という。)を設定させる。 (2) RCC信託ファンドは、投資家が当該合意された再生計画の存在を前提に入札により落札した債権を購入し、当該投資家のために管理し、再生計画に基づき必要な債務免除等を実施する。 (3) RCC信託ファンドに債権を売却した金融機関で、当該債務者との取引を再開したい者は、債務免除後の残債権額相当額を当該債務者に融資し(リファイナンス)、当該債務者は当該融資金で債権を購入したRCC信託ファンドに弁済し、投資家はRCCに信託した資金を回収する。. 株)整理回収機構(以下、「RCC」という。)は、旧住専債権の整理回収のために特定住宅金融専門会社の債権債務の処理の促進等に関する特別措置法(平成8年法律第93号)上の「債権処理会社」として設立された(株)住宅金融債権管理機構と破綻金融機関の不良債権等の処理のために預金保険法(昭和46年法律第34号)上の「協定銀行」として設立された(株)整理回収銀行が、平成11年4月1日に合併して誕生した商法上の株式会社であり、その株式は、預金保険機構がすべて保有している。 したがって、RCCは、商法上の株式会社ではあるが、基本的に法律に基づく業務を処理するために設立された公的使命を帯びた会社である。 その後、RCCの業務としては、金融機能の再生のための緊急措置に関する法律(平成10年法律第132号)(以下、「金融再生法」という。)第53条により、預金保険機構の委託による健全金融機関の不良債権処理の一層の推進のための健全金融機関からの不良債権の買取業務が付け加えられた。 その後、平成13年6月26日に閣議決定された「今後の経済財政運営及び経済社会の構造改革に関する基本方針(骨太の方針)」において、「、、、緊急経済対策に沿って不良債権の最終処理を確実に実現するため、RCCの機能を抜本的に拡充することとする。その上で、目標期間である2~3年以内に主要行が最終処理を行うことが困難な不良債権については、RCCに譲渡等するよう要請する。具体的には、まず、今国会で金融再生法が改正され、RCCによる資産買取りが3年間延長されたが、さらに、RCCに信託兼営を認め、信託方式による不良債権の引受けも可能とする等、RCCが幅広く金融機関の不良債権の引受けを行い得るよう、所要の措置を講ずる。また、RCCは、受け入れた債権について、債務者企業の再建可能性に応じ、厳正な回収に努める一方、再建すべき企業と認められる企業については、法的・私的再建手続等を活用し、その再生を図る。このため、例えば、企業再構築を図る組織の新設等、RCCの機能・組織の拡充を図る。、、、」とされ、RCCにおいて企業再生を推進することが政府から公式に要請された。 更に、同年秋に開会された臨時国会で金融再生法が通常国会に引き続き改正され、健全金融機関からの預金保険機構・RCCによる不良債権の買取価格を時価とするとともに、特定整理回収協定. . See full list on houjintousan. See full list on nta.

RCCが企業再生に取り組むケースは、RCC自体が主要債権者である場合と主要債権者の一人である金融機関から金融債権者間の合意形成のための調整を委託され関わる場合の二つのケースがある。 (1) RCCが主要債権者の場合(RCC企業再生スキーム) 金融再生法第53条に基づき金融機関からRCCが買い取った債権に係る債務者のうち専門部局である企業再生第一部で再生に取り組むのが妥当であると判断された案件並びにその他のRCC保有債権等のうち、同部と回収統括部及び回収主管部店が定期的に協議を行って、債務者の再生可能性、規模、債務額、債権者数、RCCの債権シェアー等から判断して専門部局である企業再生第一部で再生に取り組むのが妥当であると判断された案件については、同部が所管して、債務者と交渉し、債務者の事業の状況を審査して、債務者が上述の企業再生の4要件を有しているかどうかを判断する。 企業再生第一部において企業再生に着手するのが妥当であると判断された案件については、債務者の財務指標の信頼性を確認するため、必要に応じて監査法人等によるデューデリジェンスを行わせる。更に、同部の判断の客観性を担保するため、企業再生本部長の諮問機関である「企業再生検討委員会」に企業再生計画作成着手の可否について判定を求める。 「企業再生検討委員会」において企業再生計画作成の着手が可と判定された事案については、債務者にその旨を伝達し、企業再生計画の原案の作成に着手させる。「企業再生検討委員会」において企業再生計画作成の着手が否と判定された事案については、通常の回収案件として、回収所管部店に移管する。 (2) RCCが主要債権者の一人である金融機関から金融債権者間の合意形成のための調整を委託された場合(RCC企業再生スキーム) RCCが主要債権者の一人である金融機関から金融債権者間の合意形成のための調整を委託された場合は、企業再生第二部において委託者と守秘義務協定を締結した上で債務者に関する情報の提供を受け、債務者の再生の可能性等について審査を行う。 企業再生第二部において企業再生に着手するのが妥当であると判断された案件については、債務者の財務指標の信頼性を確認するため、必要に応じて監査法人等によるデューデリジェンスを行わせる。更に、同部の判断の客観性を担保するため、企業再生本部長の諮問機関である「企業再. (1) 企業再生計画作成着手の可否及び企業再生計画の是非に関する判断の専門性及び客観性を確保するため、企業再生に関し専門的な知識や経験を有する外部の弁護士、公認会計士、税理士、企業再生コンサルタント及びRCC役職員からなる「企業再生検討委員会」を別に定めるところ(別紙1 企業再生検討委員会設置要綱 参照)によりRCCの企業再生本部長の諮問機関として設置する。 (2) 「企業再生検討委員会」には、顧問を置く(別紙1 企業再生検討委員会設置要綱参照)。 (3) 企業再生検討委員会は、前項「3 対象債務者となり得る企業」に係る再生計画等について、企業再生本部長の諮問により、「5 私的再生の開始」、「7 再生計画案の内容(RCC企業再生スキーム及び共通)」、「8 再生計画の検証・提示・成立・実行(RCC企業再生スキーム及び共通)」に関する事項を審議する。 (4) 企業再生本部長は、「企業再生検討委員会」の委員及び顧問を委嘱したとき、又は委員及び顧問の異動があった場合は、文書により、預金保険機構及び金融庁に速やかに報告する。 (5) なお、現在の企業再生検討委員会の委員及び顧問は、別紙2 企業再生検討委員会委員名簿及び別紙3 企業再生検討委員会顧問名簿の通りである。. RCC企業再生スキームは、整理回収機構が現在行っている企業再生の対象、手続、再生計画 の要件等を取りまとめて公表したものであり、rccが今後行う企業再生も、RCC企業再生スキームにしたがって行われることとなるとされています。. 整理回収機構(=rcc)における企業再生 (1) 再生の条件 整理回収機構(=rcc)においても、企業再生の対象となるのは一般に考えられる基準 と変わりません。ホームページに記載されている判定条件としては、下記のものが挙げら れています。. 準則型私的整理の1つに,「中小企業再生支援協議会による再生支援事業」があります。 中小企業再生支援協議会とは,中小企業に対する再生計画策定支援等の再生支援事業を実施するために,経済産業大臣から認定を受けた商工会議所や商工会連合会などの認定支援機関に設置される公的組織です(産業競争力強化法127条,128条)。 中小企業再生支援協議会の再生支援事業には,第一次対応と第二次対応があります。 第一次対応とは,協議会が中小企業から事業再生に関する相談を受け,事業再生に関するアドバイスをしたり,関連機関などを紹介する対応です。弁護士などを専門家派遣なども行っています。 第一次対応をした中小企業のうちで一定の要件を充たしている企業に対しては,第二次対応が行われます。 第二次対応では,中小企業からヒアリングをした上で,債権者である金融機関等に対して協力依頼をし,デューデリジェンスを行って事業再生計画を立案します。 そして,債権者会議を開催して債権者による事業再生計画案の決議を行い,債権者の同意を得た場合には,当該計画に基づく事業再生が遂行できるように支援を行っていくことになります。 中小企業が私的整理を行う場合には,最も利用しやすいルールであるといえるでしょう。ただし,それでも,小規模事業者には費用や手続面で利用が容易ではないのが現状です。 >> 中小企業再生支援協議会を利用した事業再生. )は、旧住専債権の整理回収のために特定住宅金融専門会社の債権債務の処理の促進等に関する特別措置法 (平成8年法律第93号)上の「債権処理会社」として設立された株式会社住宅金融債権管理機構と破綻金融機関の不良債権等の処理のために預金保険法 (昭和46年法律第34号)上の「協定銀行」として設立された. rcc(整理回収機構)へ貸付債権が譲渡された中小企業者の方へ 中小企業信用保険法第2条第5項第8号の規定により、整理回収機構(RCC)へ貸付債権が譲渡された中小企業者のうち、事業の再生が可能であると認められるときは、所定の認定申請書に記載された.

株式会社整理回収機構(rcc)が定めた私的整理の準則であり、企業再生の対象や再生計画案の要件などをまとめている。基本的には私的整理に関するガイドラインをモデルとしている。 種類3.中小企業再生支援協議会の支援. 金融再生法第53条に基づく健全金融機関等からの資産の買取りに係る整理回収機構(特定協定銀行)に対する資金の貸付け; 整理回収機構(特定協定銀行)買取資産の処分等に係る利益金の収納・損失金の補填; 金融機能早期健全化勘定. 準則型私的整理の1つに,「地域経済活性化支援機構による再生支援手続」があります。 株式会社地域経済活性化支援機構(REVIC)とは,地域経済の再建を図るため,有用な経営資源を有しながら,過大な債務を負っている事業者の事業再生を支援することを目的に,株式会社企業再生支援機構法に基づいて設立された会社です。 地域経済活性化支援機構では,債権者であるメインバンク等からの相談を受け,中小企業の事業再生計画支援や関係者の調整を行い,合意を得て支援の申込みに対する審査をし,要件を充たす場合には,各債権者への債権放棄要請や債権買取等を含む支援の決定を行うことになります。 地域経済活性化支援機構における事業再生支援の期間は5年までとされています。 また,地域経済活性化支援機構では,事業再生支援業務のほか,民間事業者と共同してのファンド運営,地域金融機関等に対する専門家の派遣,金融機関の事業再生子会社への出融資,非メインの金融機関等が有する貸付債権の信託の引受などの業務も行っています。 もっとも,地域経済活性化支援機構の事業再生事業も,年商数十億円単位の企業の利用が中心です。 >> 地域経済活性化支援機構の事業再生業務. 力再生機構(仮称)、整理回収機構(RCC)、信用保証協会、金融機関 の全国団体、弁護士・公認会計士・税理士・中小企業診断士等専門家の 全国団体)との連携体制を構築し、各協議会の活動を支援するため、関 1.はじめに―RCCと企業再生(1/2) ㈱整理回収機構(RCC)は、旧住宅金融専門会社 の債権の回収のために設立された㈱住宅金融債権管 理機構と、破綻金融機関の不良債権の処理のために 設立された㈱整理回収銀行とが平成11年4月に合. com で、RCCにおける企業再生 の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。.

一般民事、債権回収、事業再生、金融取引、行政事件、行政手続、不動産取引 著書: 「不法行為判例集成」(ぎょうせい) 「RCCにおける企業再生」(株)整理回収機構編(きんざい) RCCにおける企業再生 - 整理回収機構 「商標の法律相談」小野昌延、小松陽一郎編(青林書院). 15 脚注 編集 ^ 日本経済新聞年8月22日. RCC (整理回収機構)企業再生スキームとは、整理回収機構が行う私的整理手続に関して、企業再生の対象、手続、再生計画案の要件等をまとめたものです。. RCC企業再生スキーム (あーるしーしーきぎょうさいせいすきーむ) RCC企業再生スキームとは、 整理回収機構 が行う 私的整理 手続に関して、企業再生の対象、手続、再生計画案の要件等をまとめたもの。�.

(1) 「RCC企業再生スキーム」の対象となる「私的再生」は、RCCが主要債権者(再生対象債務者に対する金融機関債権者のうち、相対的に上位のシェアーを有すると認められる者)である再生可能な債務者又はRCCに他の金融債権者の同意を得るための調整を依頼した金融債権者が主要債権者である同債務者について、会社更生法や民事再生法などの法的再生手法によらず、金融債権者間の合意の下で事業の再生を行わせることにより事業収益から最大限の回収を図ることを意図して行われるものであり、すべての「私的再生」を対象としない限定的なものである。 (2) このように、「RCC企業再生スキーム」にしたがって行われる「私的再生」は、債権者の立場にたって行われるものであるので、事業を清算した場合の回収額よりも当該事業を再生継続させた場合の回収額が債権者にとって上回ると見込まれる場合にのみ、すなわち債権者にとって経済合理性が認められる場合にのみ行われるものである。 (3) もちろん、このような「私的再生」を行うには、当該債務者自身の再生への意欲、自助努力が前提であり、また、債権者に債務の猶予や減免を求めるものである以上、経営責任及び株主責任の明確化が求められることはいうまでもないことである。. Bib: BA621X ISBN:. 整理回収機構の職員と名乗る者による詐欺行為事案の発生について(再掲) 令和元年台風第19号に伴う災害で被害を受けられた皆様へ; 令和元年8月13日から9月24日までの間の暴風雨及び豪雨による災害で被害を受けられた皆様へ. 整理回収銀行 (せいりかいしゅうぎんこう) 経営が破たんした信用組合の事業を引き継いで債権回収を進めている銀行。 1996年6月公布・施行された改正預金保険法では、年3月までの間、預金保険機構と協定を結び、経営の破たんした信用組合から引き継いだ資産の管理処分(整理回収業務)を. 5 形態: 154p : 挿図 ; 21cm 著者名: 整理回収機構 書誌id: ba621x isbn:.

「共著『RCCにおける企業再生』株式会社整理回収機構編社団法人金融財政事情研究会. . rcc ニュース. 15 脚注 編集 ^ 日本経済新聞年8月22日 ^ 日本経済新聞年5月31日 ^ 「丸和運輸機関、元西武鉄道副社長・山川氏が取締役就任」Logistics Today年5月26日.

整理回収機構とは、住宅金融専門会社の処理のために設立された株式会社住宅金融債権管理機構と、破綻金融機関の不良債権等の処理のために設立された株式会社整理回収銀行が合併して誕生した株式会社である。平成13年の金融再生法の改正において、買取った不良債権の債務者の再生の可能. 事業再生ADR 3. 中小企業再生支援協議会による再生支援事業 また,裁判手続ではありますが,特定調停手続は話し合いを基本とする手続であるため私的整理に近い性質を持っており,この特定調停手続が私的整理のために利用されることもあります。 さらに,私的整理そのものというわけではありませんが,経営者が法人債務について保証人・連帯保証人となっている場合の,経営者の保証債務等については,経営者保証ガイドラインと呼ばれる準則・ルールが設けられており,これも私的整理に利用されています。 >> 私的整理手続とは?. 法人・会社の私的整理そのものではありませんが,それに関連するものとして「経営者保証に関するガイドライン(経営者保証ガイドライン)」があります。 わが国では,金融機関から融資を受ける際,経営者が連帯保証人となることが多くなっています。しかし,それが早期の事業再生の妨げになっていることも少なくありません。 そこで,日本商工会議所と全国銀行協会により設けられた経営者保証に関するガイドライン研究会により,中小企業の経営者保証に関するルールとして定められたものが経営者保証に関するガイドラインです。 経営者保証に関するガイドラインでは,経営者保証なしでの融資の実施,経営者保証の解除のほか,法人の倒産時における経営者保証債務の私的整理などが定められています。 >> 経営者保証に関するガイドライン. 私的整理に関する準則・ルールの元祖ともいえるものが,「私的整理に関するガイドライン(私的整理ガイドライン)」です。 前記のとおり,純然たる私的整理には,手続が不透明であるという批判がありました。 そこで,私的整理の利用による事業再生を進めるべく,平成13年に,政府から打ち出された「緊急経済対策」に基づいて,学識者・金融機関・産業界等による私的整理に関するガイドライン研究会が発足しました。 そして,この私的整理に関するガイドライン研究会によって策定された私的整理の準則・ルールが私的整理に関するガイドラインです。 私的整理に関するガイドラインでは,専ら金融機関を対象としており,株主・経営者は一定の責任を負担しつつも,3年以内に債務超過状態の解消と黒字化を目的として挙げています。 しかし,この3年以内の債務超過解消・黒字化という制度目標が,かえって債務者に大きな負担をかけることになってしまっています。 そのため,私的整理に関するガイドラインは,私的整理に関するルールを最初に明確化したものとして画期的な意味を持ってはいますが,実際の利用は大企業に限られ,利用件数は非常に少ないのが現状です。 >> 私的整理に関するガイドライン.

RCCにおける企業再生 - 整理回収機構

email: avygal@gmail.com - phone:(322) 186-7387 x 2490

清水ヨウコのコスチュームジュエリー - 清水ヨウコ - Gazo

-> CD付き ギターソロ コンサートで弾く「日本の名曲」 - 島津秀雄
-> 公務員試験・就職試験/適性検査・性格検査問題 ・95 - 児島剛志

RCCにおける企業再生 - 整理回収機構 - デロイトトーマツFAS株式会社 財務デューデリジェンス


Sitemap 1

高校入試 10日でできる 国語長文 実践編 - 国際理解を深める世界の宗教 清水芳見